メルペイ

【図解】メルペイの登録方法から利用方法まで

更新日:

今回は、メルカリの売上金を電子マネーで利用できる「メルペイ」を紹介したいと思います。

メルカリは皆さんご存知のフリマアプリです。

そのフリマアプリの売上を簡単に電子マネーとして利用できるサービスが「メルペイ」です。

そんなメルペイの登録方法から利用方法までをご紹介したいと思いますので参考にしてみてください。

メルペイって何?

2019年2月13日からサービスを開始しました、メルカリの売上金を利用した電子マネーです。

メルカリの売上でポイントを購入して、そのポイントでメルカリ内での買い物やコンビニなどのメルペイ加盟店で支払いに利用できます。

使用したことのある方はご存知かと思いますが、「売上は申請して現金に替える」「ポイントに替えて、メルカリで買い物をする」かの2択でした。

今回この「メルペイ」が誕生したことによって電子マネーとして「iD」が利用できる全国約80万箇所で買い物ができるようになりました。

そのほかの特徴としては、銀行口座を登録することによって振込申請期限(180日)が無くなります。

1万円に満たない振込手数料(210円)を気にしなくて良くなるということですね。

もちろん従来通り1万円以上の振込手数料は無料です。

■ 銀行口座登録の方法はこちら↓

※ 今のところAndroid端末では、メルペイの一部機能が利用できません。

 

登録方法

登録方法は簡単で約1分で終了します。

無料で登録できます。

・アップデートしていない方は、アップデートします。

・アップデートしますと、メルペイの説明が表示されます。

 

・進み、「設定をはじめる」を開きます。

 

・電話番号認証をします。

 

・これでメルペイの電子マネーカードができました。

 

・Walletにメルペイを追加します。

以上で登録は終了です。

 

利用方法

登録は終了したので、利用方法をみていきます。

他の電子マネーと利用方法は同じですので、簡単です。

チャージ

売上金をポイントに交換してから利用できます。

・メルカリ内のメルペイを開きます。

 

・「ポイント購入」を開きます。

 

 

・購入するポイントを入力します。

 

・ポイントを購入します。

以上がポイント購入方法です。

これで100円分は店舗で利用可能になりました。

注意点としては、ポイントは365日の使用期限があります。

 

店舗での利用方法

まずこの「iD」マークがある店舗でご利用できます。

全国で約80万箇所利用できます。

>>「iD」が使えるお店

 

・定員さんに「iD(アイディ)」でと伝えましょう。

間違って「メルペイ」でと言っても伝わらない可能性がありますので注意してください。

 

・スマホをかざして、Touch IDで認証して支払い終了です。

 

利用しますとこのようにメルカリに登録したメールアドレスにメールが届きます。

以上が利用方法です。簡単です。

Suicaにチャージ

メルペイの利用方法としてオススメなのがSuicaにチャージです。

・まずモバイルSuicaアプリを開きます。

・入金(チャージ)を開きます。

 

・Apple Payを開きます。

 

・メルペイ電子マネーを選択します。

 

Touch IDで支払います。

以上がSuicaにチャージする方法です。

 

こんな人にオススメ

メルペイを利用するのはこんな方がオススメです。

・普段そんなにメルカリを利用しないから売上金が1万円に満たない方

これは振込手数料(210円)がかかってしまうので現金にするよりは、電子マネーとして利用する方がお得ということです。

・銀行登録をして振込申請期限をなくしたい。

普段からメルカリを利用していて、振込申請期限があると1万円に満たない場合振込手数料がかかってしまうので申請期限を無くしたいという方はオススメです。

 

最後に

今回は、「メルペイ」をご紹介しました。

銀行口座を登録することによって、振込申請期限が無くなったのは良いですが。

その他の点では微妙な印象です。

せっかく電子マネーを利用しているのにポイントや還元が今のところないのは残念です。

これからの「メルペイ」に期待したいです。

ぜひ皆さんも登録して便利に活用してみてください!

-メルペイ

Copyright© トリヤリ , 2019 All Rights Reserved.