未分類

【図解】徹底解説!絵が下手でもLINEスタンプを作れる方法

投稿日:

今回は、LINEスタンプを作る方法を紹介します。

ちなみに私は、絵も下手ですしパソコンも初心者です。

それでもLINEのスタンプを作ってみました。

作ってみたいけど、絵も下手だし、パソコンの扱いにも自身がないという方はぜひ参考にしてみてください。

スタンプの作成方法

こちらは色々あると思いますが今回はこちらの2つの方法を試してみます。

①:アプリで写真から作成する方法

②:プレビュー機能(Mac)を使って作成する方法

全て試してみて自分に合う作成方法でやってみようと思います。

 

アプリで写真から作成する方法

LINE Creators Studioアプリから作成します。

無料でダウンロードできます。

・まずアプリをダウンロードします。

LINE Creators Studio

LINE Creators Studio
開発元:LINE Corporation
posted withアプリーチ

こちらのアプリを利用すると、撮った写真から簡単にスタンプが作成できます。

出来上がりはこのような感じです。

早速スタンプを作ってみます。

・アプリを開き、「新しいスタンプを作る」をタップします。

 

・ベースになる写真をとります。

 

・「自動切り抜き」で背景を透過します。

 

・切り抜きたい部分をなぞります。

 

・細かい切り抜きはこちらから可能です。

 

・サイズを調整します。

下記のスタンプシュミレータで大きさを確認できます。

 

・ここで文字などの画像編集ができます。

 

・最終確認です。

以上がアプリでスタンプを作成する方法です。

細かい切り取りなどが少し不便かなと感じましたが、手っ取り早くスタンプが作れます。

 

プレビュー機能(Mac)を使って作成する方法

マックのプレビュー機能からスタンプを作成します。

・まず自分で紙に絵を書きます。

この時、注意点としては、濃いめに書くことです。

あとで透過するときに濃くないと失敗します。

 

・スマホで書いた絵を写真にして、パソコンに取り込みます。

メールでもAirDropでもなんでも構いません。

 

・LINEスタンプの場合、jpgではなくてpngに画像を変換します。

■ 変換方法はこちらをご覧ください↓

 

・画像をダブルクリックしてプレビュー機能にします。

このように画像編集画面になります。

 

・赤枠のこちらを開きます。

 

・こちらのペンで透過をします。

透過させないと、背景までもスタンプになってしまいますのでとても重要な作業です。

透過がうまくいかないと、審査が通らないこともあるみたいです。

 

・クリックすると透過したい部分が赤くなります。

ちょっとわかりづらいですが、囲まれています。

 

・囲まれたら、「delete」を押します。

そうしますとこのように背景が無くなります。

あとは自分の好きなようにデザインしてください。

文字を書いたり、切り取ったりととても便利な機能です。

 

■ 次は、画像のサイズを変更します。

・先ほどのプレビュー機能のこちらを開きます。

 

・ここで好きな画像の大きさにします。

ここで、LINEのスタンプの画像の大きさや注意点を確認します。

こちらの規定によるとこうなります。

■ サイズ:ピクセル

■ 形式:PNG

■ 解像度:72以上

■ カラーモード:RGB

■ 幅:370(最高)

■ 高さ:320(最高)

■ 注意点:偶数のサイズでファイルサイズ1MB

下記のようにします。

幅、高さは最高なので、これ以内に収めましょう。

これでスタンプ作成は以上です。

私はこのプレビュー機能を使って、進めていこうと思います。

作成したスタンプの確認方法

作成したスタンプを確認する方法をご紹介します。

申請する前にどのようなスタンプが送信されるたり、受信されるか気になります。

LINEクリエイタースタンプシュミレーターを使用します。

こちらのサイトに作成したスタンプを貼ると、どのようにLINEに表示されるかわかります。

・まず開きますとこのような画面になります。

 

・作成したスタンプをドラッグして、送られるか送る方に持っていき離します。

そうするとこのように確認できます。

とても便利なサイトなので、利用してみてください。

LINEスタンプの申請方法

まずLINEスタンプを発売するには、アカウント作成が必要です。

 

クリエイター登録

・まずLINE Creators Marketを開きます。

>>LINE Creators Market

 

・「登録はこちら」を開きます。

 

・LINEのアカウントでログインします。

 

・注意事項を読み、同意できたら同意します。

 

・氏名、電話番号等の登録情報を入力します。

 

・登録したメールアドレスにLINEからのメールが届いていますので、そちらに記載してあるURLからログインします。

 

これでクリエイター登録が完了です。

完了しますと、LINEのアカウントにこのようなメッセージが届きます。

 

スタンプ情報の登録

スタンプの情報を入力します。

・LINECreatorsMarketにログインします。

・このような画面になるので、「新規登録」を開きます。

 

 

・スタンプの詳細を入力します。

ここから英語の入力が必要になりますが、英語翻訳などを利用してください。

私は、LINE英語通訳を使用しました。

トーク画面に日本語を入力しますと、英語翻訳で返信してくれます便利なアカウントです。

 

・販売情報を入力します。

①:クリエイター名

作者の名前です。

日本語と英語で登録しましょう。

こちらは販売されたのちにこのように表示されます。

本名でも良いですし、ペンネームでも良いと思います。

 

②:コピーライト

著作権です。よく見かけるこれです→©︎

この©️の後に続く部分のみ入力してください。

例:©️LINEと表示したい場合なら”LINE”

 

③:テイストカテゴリ

販売された際に、カテゴリー分けされます。

下記の11種類から選びます。

 

④:キャラクターカテゴリ

販売された際にカテゴリー分けされます。

下記の13種類から選びます。

⑤:プライベート設定

ランキング表示に関する設定です。

⑥:販売エリア

販売するエリアです。

そのまま販売可能なエリアで良いと思います。

⑦:特集企画

不定期で開催される企画に参加するかどうかです。

私の時は、新春企画が開催されていました。

今回は、新春のスタンプではないので参加しませんでした。

 

・ライセンス証明を入力します。

写真を使用しているかしないかのところを入力します。

他は、自分のキャラクターではなかった場合はライセンスが必要ということで証明書を貼らなくてはいけないということです。

作品が確認できるURLがある場合はURLを記入してください。

あと審査の際に伝えたいことがある場合はその他補足事項に書き込めば良いと思います。

以上で販売するスタンプ情報の入力は終了です。

スタンプの登録

作ったスタンプを登録します

・アイテム管理を開きます。

 

・先ほどスタンプ情報を登録したものがあると思いますので開きます。

 

・「スタンプ画像」を開きます。

 

・「編集」を開きます。

 

・こちらから作成したスタンプを登録します。

こちらからスタンプの個数を変更できます。

①:main

メインの画像は販売される際にこちらに表示されます。

②:tab

こちらはトークルームタブ画像です。

スタンプを使用する際に下部に表示される画像です。

※画像の大きさなどの注意点はこちらにある規定の範囲に収まるように作成します。

 

・登録したいスタンプを「Upload」します。

以上がスタンプの登録です。

送金先情報の設定方法

送金先情報の設定を行います。

・「アカウント設定」を開きます。

 

・「送金先情報」を開きます。

 

・送金手段を銀行振込もしくはLINEPayから選びます。

1000円を超える売り上げが入った場合に売り上げ申請ができるようになります。

銀行振込の場合は540円の手数料がかかります。

LINEPayの場合は振込手数料はかかりません。

LINEPayに変更してから、出金することも可能です。

その場合は、手数料は216円かかります。

断然、LINEPayの方がお得です。

■ LINEPayの登録方法はこちらを参考にしてみてください。

以上が送金先情報の登録方法です。

審査結果

どうにかこうにかスタンプを40個作りまして、審査に出してみました。

アイテム管理の「リクエスト」を開きます。

こちらから審査に出します。

4日で審査結果がLINEに届きました。

合格いただきました。

承認が通りましたら、販売を開始します。

 

スタンプの販売開始方法

・LINECreatorsMarketにログインします。

・アイテム管理の「リリース」をクリックします。

以上が販売開始方法です。

下手ですが、もしよろしければ買ってください。

>>Kobutaスタンプ

なんか機会があればまた作ってみようと思います。

 

売れた場合の報酬は?

基本的な値段の120円のスタンプが売れた場合の報酬はこちらです。

■ LINEストアから購入された場合

42円(120円の35%分)

 

■ アプリからスタンプショップで購入された場合

31円(50LINEコインの35%分)

以上が報酬です。

 

最後に

今回は、LINEスタンプの作り方をご紹介しました。

冒頭でも話しましたが、絵も下手ですし、パソコンの扱いも下手ですがこのようにスタンプ作成できました。

自分のスタンプを作ってみんなにスタンプを使ってみましょう。

売れなくても楽しいと思います。

ぜひ参考にしてスタンプ作成してみてくださいもしかしたら、すごい売れるかもしれません。

こちらのページの画像の一部は、LINECreatorsMarketから引用させていただいています。

-未分類

Copyright© トリヤリ , 2019 All Rights Reserved.