生活

【禁煙】10年以上吸っていたタバコをやめる9つの方法

更新日:

今回は私が禁煙できた方法をご紹介します。

最近のニュースでタバコが10月からまた値上がりするという事でした。

あのメビウスがなんと440円から40円値上がりして480円になるというニュースがありました。

また、加熱式タバコの先駆けである『アイコス』も40円値上がりして500円になるという発表がありました。

とうとうタバコが1箱500円を超えてきました。

10年前くらいは300円くらいで買えました。

2020年に東京でオリンピックが控えていますので、これから値段が上がっていくのは目に見えています。

日本はまだタバコが安い方で、オーストラリアなんか1箱2000円近いです。

アメリカも1000円を超えています。

そろそろやめ時ではないかなと考えている方多いと思います。

そんなこと分かってるけど、禁煙できないんだよ!っていう方多いと思います。

そこで今回、10年以上タバコを吸っていた私が禁煙に成功した方法をご紹介したいと思います。

個人差はあると思いますが、少しでも禁煙したい方の力になれればと思います。

 

タールを下げる

自分はまずタールを下げました。

これは賛否両論あります。

「やめるならすぐにやめなよ」という方いますけどそれができれば苦労しないっていう話です。

私は、タールを下げることによってやめる時に少しは効果あったかなと思います。

まずやめるという意識を持つことは大事です。

 

ガムをかむ

みなさんやってることだと思いますが、イライラした時にタバコを吸ってしまうのが多いと思います。

特に仕事なんかでイラッとしたらタバコを吸ってしまいます。

そんな時にはガムを噛みましょう!

少しは落ち着きます。

私は常にガムとミンティアを持って歩いていました。

 

吸うタイミングを我慢

これがとても大事なことで吸うタイミングを1回我慢してみましょう!

例えば、1番多いのが食後の一服だと思います。

1度我慢してみて下さい。

「あれ?以外といけるかも?」ってなるかもしれません。

私もいろんな吸うタイミングを徐々に減らしていきました。

 

吸わない場所を作る

吸わない場所を作りましょう。

禁煙をする場所を作るということです。

会社、自宅、車の中、自分がタバコを吸う場所を減らしましょう。

私は自宅でタバコを吸うのをやめて、徐々に吸う場所を減らしました。

 

イラッとした時の対処法を変える

先ほども言いましたが、やはりタバコを1番吸いたくなるのは「イラッとしてる時」だと私は思います。

このタバコに変わる何かを見つけることが大事です。

私は、とりあえず「炭酸を飲む」ということで回避していました。

何でもいいと思います。

先ほどのガムをかむでも、飴をなめるでも、キャラメルを食べるでも何でも良いので自分にあったストレス解消法を見つけましょう!

 

お金が減ると考える

お金持ちの方には、特に意味はないのかなと思いますが。

1箱500円の時代がきました。

これからさらに値段は上がり続けます。

1日1箱500円で月15000円、年間182500円です。

月に15000円あれば、良い焼き肉に行けます。

約20万円もあれば、海外旅行に行けます。

もったいないと思うことで私はやめることを決意しました。

 

息が臭いし、体の臭いも臭い

自分もそうでしたが、タバコを吸うと体は臭いし、息も臭くなります。

ましてやコーヒーを飲みながらタバコを吸ったら本当に臭いです。

体が臭い、息が臭いって思われるのは、どなたでも嫌だと思います。

言われないだけで、そう思われています。

 

時間を考える

タバコを吸うことによる時間の消費を考えましょう。

1日20本を3分で吸うと考えると、1時間も消費してることになります。

これってもったいないと思います。

自分の趣味の時間にまわしましょう!

 

やめたときのメリットを考える

最後にこれはやめたときのメリットを考えましょう。

色々あると思います。

■ お金の消費が減る

■ 肌が綺麗になった

■ 体調が良くなった

■ 病気の予防になる

歯が黄色くなくなった

個人差はあると思います。

だいたいの医者は「タバコをやめろ」って言います。

健康には良くないってことだと思います。

 

最後に

今回は、【禁煙】10年以上吸っていたタバコをやめる9つの方法ということで紹介しました。

「そんなの分かってるけど」って方多いと思います。

今回ここまで読んでいただいたと言うことは、やめようと思ってる方だと思います。

以外とやめれます。

10年吸っていた私ですらやめれました!

私はヘビースモーカーだからと自分で言ってやめないのではなく、少しづつ減らしていって徐々にやめましょう。

タバコは良く「百害あって一利なし」と言われます。

そんなタバコにお金を使って不健康を買う必要はないと私は思います。

 

-生活

Copyright© トリヤリ , 2019 All Rights Reserved.