スマホ・PC

【図解】Gmailでパスワードをつけて送信する方法

投稿日:

今回はGmailでパスワードをつけて送信する方法をご紹介。

個人情報、履歴書等を送信する際にはパスワードをつけた方が安心です。

履歴書はWEB履歴書を提出する会社が増えてます。

自分の個人情報は自分で守りましょう!

画像を使って分かりやすく解説していきますので参考にしてみて下さい。

 

パソコンから送信する方法

  • まず、Gmailにログインします
  • こちらの作成を開きます

  • こちらの情報保護モードを開きます

  • このような画面になりますので、設定します

①.有効期限を設定します。1日〜5年から選べます。

②.SMSパスコードを使用するかしないか選びます。

■ 使用しない場合:Gmailを利用していない場合には、パスコードをメールで受け取ります。

■ 使用する場合 :SMSでパスコードを受け取ります。

使用しない場合は相手の連絡先がメールアドレスの場合で、使用する場合は、電話番号の場合です。

以上が設定方法です。

  • 設定が終わりますとこのように、メールに表示されます

あとは文を入力して送信すれば完了です。

 

アプリから送信する方法

  • まずGmailのアプリを開きます

Gmail - Eメール by Google

Gmail - Eメール by Google
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

  • 右下にあるこちらを開き、メールを作成します

  • 右上のこちらを開きます

 

  • 情報保護モードを開きます

 

  • 先ほどと同様の設定を行います

 

  • 少し違うのがこちらの設定ですが、メールアドレス宛てに送信する場合は標準で良いです

 

以上がアプリで送信する方法です。

 

受信する方法

パスワードがかかったメールを開く方法をみていきます。

先ほどは送信する方法という事で設定していきました。

受信者にはどのように届くのかを見ていきます。

Gmailで受信した場合

自分のGoogleアカウントでログインするので、自分以外の方は見れないということになります。

  • まずこのようにメールが届きます

あとは、Googleアカウントでログインして頂ければ見れます。

 

その他のメールアドレスで受信した場合

  • このようにメールが届きますので、メールを表示を開きます

  • パスコードを送信を押します

  • そうしますとGoogleからパスコードが届きます

あとはコードを入力してメールを開けば終了です。

 

最後に

今回は、Gmailでパスワードをつけて送信する方法を紹介しました。

最近では個人情報の流出などの問題が増えています。

個人情報を自分で守りましょう!

まだGmailのアドレスを持っていない方は、こちらも参考にしてみてください。

 

-スマホ・PC
-

Copyright© トリヤリ , 2019 All Rights Reserved.