ワードプレス

プラグイン『Event Organiser』を使って、カレンダーを表示させよう

更新日:

今回は、プラグイン『Event Organiser』を使ってカレンダーを表示させていこうと思います。

カレンダーはお店のサイトを作る際に必ず必要になります。

画像を使って分かりやすく解説していきますので、これからカレンダーを設定していきたいと考えてる方は参考にしてみてください!

では早速書いていきます。

 

『Event Organiser』をインストールする

・管理画面からプラグインの新規追加をひらきます。

 

・『Event Organiser』をインストールします。

これでインストールは完了です。

 

設定方法

では設定していきます。

インストールすると、このように管理画面にイベントと出ますのでこちらから設定していきます。

 

新規追加からまず自分がカレンダーに書き込むイベントを入力していきます。

このように普段の記事と同様にタイトル、本文を入力していきます。

 

下にスクロールして、イベント詳細を入力します。

 

こちらの繰り返しから繰り返しのイベントの設定ができます。

毎月1回のイベント等の設定も可能です。例えば毎月20日は安売りとか。

 

会場名等も入力できます。

Googleマップと連携して地図を表記する事もできます。

公開を押しますとイベントの設定は完了です。

 

イベントの確認

イベントを入力して、イベントのカレンダー表示から確認できます。

 

先ほど入力したイベントはこのようになります。

このイベントをクリックしますと、確認できます。

そしてこのカレンダーからもイベントの設定もできます。

イベントの入れたい日をクリックしますとこのようにイベントの入力画面が出ます。

カレンダーの確認方法は以上です。

 

カレンダーをページに表示する方法

作成したカレンダーをページに表示する方法は2つあります。

こちらのショートコードを固定ページや記事の入れたい場所に入力するだけです。

①.[eo_calendar]でウィジェットタイプのカレンダー

②.[eo_fullcalendar]で先ほどのでかいカレンダー表示

 

ウィジェットタイプのカレンダー

サイドバーに表示させたりできます。

先ほどの①のテキストを入れて、このようにサイドバーに簡易的なカレンダーができます。

イベントをクリックしますと、このように先ほど入力した本文や場所が表示されます。

以上がウィジェットタイプのカレンダーです。

 

フルカレンダー

先ほどのテキストを固定ページ等に貼ります。

そうしますとこのようになります。

ウィジェットタイプよりも分かりやすくなります。

クリックしますと、本文や場所が表示されます。

以上が表示方法です。

 

最後に

今回は、プラグイン『Event Organiser』を使ってカレンダーの設定方法を紹介しました。

プラグイン『Event Organiser』を使えばとても簡単にカレンダーを設定する事ができます。

今回の記事を参考にカレンダーを設定してみてはいかがでしょうか?

-ワードプレス
-

Copyright© トリヤリ , 2019 All Rights Reserved.