ワードプレス

『図解』プラグイン『Easy Table of Contents』を使って目次を設定

更新日:

今回は『Easy Table of Contents』を使って目次を設定していきます。

おすすめ

普段の記事は目次を入れずに今回だけ目次を入れたいという方

・毎回の記事に目次を入れて見やすくしたいという方

色々な方いると思います。

このプラグイン『Easy Table of Contents』を使えば簡単に設定できます。

前にTable of Contentsというプラグインもありましたが、こちらの方が分かりやすくて設定しやすいです。

様々な方法を画像を使ってご紹介していきますので目次を上手に使って見やすいサイト、ブログを作っていきましょう!

では早速書いていきます。

 

『Easy Table of Contents』をインストール

・管理画面のプラグインから新規追加を開きます。

 

・プラグイン検索から『Easy Table of Contents』と入力します。

 

・プラグインをインストールし、有効化します。

以上がインストール方法です。

では使用方法を見ていきます。

 

使用方法

インストール済みプラグインから入ります。

・『Easy Table of Contents』の設定から設定していきます。

 

・このような画面になりますので、設定していきます。

ここをまず自分が設定していきたいように設定します。

 

全ての投稿に目次を自動で入れる場合

このようにチェックを入れます。

 

このように設定しますと、投稿記事と固定ページに目次が自動で入ります。

固定ページのチェックをどちらも外せば、固定ページからの目次は消えます。

 

自分が入れたい記事だけ目次を入れる方法

まずこのように設定します。

そうしますと、普段は記事に目次は入りません。

入れていない場合はこちら。

 

目次を入れたい場所にこのように記事に書き込みます。

このようになります。

今回は中途半端なとこに入りましたが、自分の好きな場所に入れることが可能になります。

 

その他設定が必要な部分

次にこちらの設定をします。

位置の設定

目次が出る場所を設定できます。

 

表示条件

何件以上の見出しがあった場合に見出しを表示するのか。

 

見出しラベル

見出しのタイトルです。

 

初期状態

ページを開いたときに目次を表示させるかどうか。

表示していない場合はこちら。

メニューをクリックして開くと、目次が開くようになります。

目次のカスタマイズ

あとは目次の背景や字の色等はこちらで設定できます。

 

見出しの設定

どの見出しまでを目次で認識するかをこちらで設定します。

h3まで設定しておけば、大丈夫かなと思います。

h3まで設定した場合の目次がこちらです。

そのほかにも設定はありますが、これくらいの設定で十分な目次ができます。

 

最後に

今回は『Easy Table of Contents』を使って目次を設定してきました。

簡単に設定できますので目次を作成して、見やすいサイト、ブログを作ってみてはいかがでしょうか?

-ワードプレス
-

Copyright© トリヤリ , 2019 All Rights Reserved.